投資の世界

【常識】アセットアロケーション⇒アセットアロケーション(投資配分)は最初に出来上がったからといっておしまいではないのです。組み立てたアセットアロケーションの運用状態を普段から点検し続けることが重要です。
15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として大臣を組織の委員長にするとされている機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管轄下に2年余り配されていたのです。
格付けによる評価の魅力は、膨大な財務に関する資料の理解が不可能であっても格付けが公表されているため、金融機関の財務状況が判別できる点にあります。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することまでできるのだ。
【解説】金ETF(Exchange Traded Fund)は実は需要が高まっている金相場に連動するように作られた(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)上場投資信託(証券取引所で取引される投資信託)の名称です。取引のある証券会社で売買できることで手軽でお勧めだが、証券会社への手数料がかかることに注意。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)したのです。これによって、このときはじめてペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、預金者の約3%程度ながらも数千人を超える預金者の預金が、上限額の適用対象になったとみられている。
ということは「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁が判断をするものです。一般的なケースでは、微々たる違反がたくさんあり、その影響で、「重大な違反」評価をされてしまうものなのです。
株式の取引においては、基本的に現物取引(投資金額を限度とした売買)のみで長期的(短期的ではない)な投資をするスタイルを使えば、それほど大きなリスクがないような状態で取引することが可能。
【知っておきたい】「仕手」の基礎。一部の投資家が故意に株価の値上げ(または値下げ)を実行する投機手段だ。これは違法な行為なのだが、現実にはこの行為が行われなくなることは無いと思われます。
【ポイント】金融機関はどんな組織?資金貸借や資産運用など金融に関する取引事業を運営する法人や組織などのことです。これは狭義にはいわゆる銀行などの預貯金取扱金融機関のみ指すことが多いが、逆に広い意味では保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
よく見かけるチャート分析だけの“株式投機”の場合、売買のタイミングが肝心なのです。しかしところがこのころあいを見極めるというのはとても難儀なことです。
投資することでそれなりの利益を得ようとすれば、それなりのリスクも背負う必要があるが、多くの投資の種類・投資手段を上手に選択すれば、それなりにリスクの回避が可能です。
金商法に定められた金融商品取引業者としてやらなければならないのは最高の注意を払って監督官庁である金融庁からの指摘を減らすことである。そうした結果が、起きてはいけない「重大な違反」が発生する確率をかなり下げるということにつながるのだから。
【投資の前に】REITって何?不動産への投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)という意味の表現であります。気を付けたいのは、国内法を根拠とする日本版REIT(つまりJ-REIT)のことを単にREITと呼ぶことがある。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを切り離して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局、旧金融監督庁を発足させたとい事情があるのだ。
そのとおり「失われた10年」という言葉は本来、どこかの国の経済や一定の地域の経済がなんと約10年以上の長い期間にわたる不況、さらには停滞に見舞われた10年を語るときに使う言い回しである。